健康経営について

人財の健康管理しませんか?

健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する経営手法。

この背景には、昨今の生産年齢人口減少、従業員の高齢化、人手不足、限られた人員でいかに生産性を高めるか、医療費増加・医療高度化を維持などがあります。
国も後押しており、社会的に評価され、医療費削減や社会保障の維持にも繋がる取り組みです。

成果・メリット

従業員の活力向上、生産性向上、業績向上、企業イメージ向上、従業員のモチベーション向上、社会的評価向上、労働生産性向上、一体感、知名度向上、組織の活性化、離職率低下、負の医療費軽減、取引先へのPR など

  • 企業イメージ向上

    「従業員の健康を大切にする会社」というメッセージになる
    健康をキーワードに従業員に寄り添う

  • 従業員の活力向上

    健康に関心を持ち、健康づくりを実践。健康促進。
    高齢者のパワーを社会の活力として生かす。
    働けるうちはいつまでも働きたい。

  • 労働生産性向上

    コストじゃなくて投資。
    0円からでも始められるもの。
    従業員の健康状態、生活習慣は労働生産性に密接に関わっている。

さまざまな評価・認定制度も!

・健康経営銘柄
・健康経営優良法人認定制度
・安全衛生優良企業公表制度
・健康寿命をのばそう!アワード
・ふじのくに健康づくり推進事業所
・まるごと健康づくり推進事業費補助金・・・等

働くためには健康の基礎「食」が必要不可欠です。

・働き世代の生活に考慮した負担にならない食生活改善、できる改善を提案
・親の介護の悩みも対応

まず!・・・どうすればいい?・・・でも大丈夫!
実践に向けて働きかけられるようお手伝いさせて頂きます!

まずはお気軽にご相談ください!

活用事例

    新しい記事はありません

  • お気軽にお問い合わせください!

    050-5866-3767